« 一騎が死んだ | トップページ | 一騎の死は »

2007年2月21日 (水)

くりでんと言えば

Kuriden くりでん(旧栗原電鉄)が3月いっぱいで廃止される。小学校の2~3年くらいの頃だろうか、親父が猟銃を持っていてカモやキジなんかの猟をやっていた。朝早く起きて、弟と一緒に近くの山に猟に連れて行ってもらった。ちょうど初雪が降った日だった。収獲は忘れたが、帰り道の踏み切り。親父はいつもと同じようにブレーキをかけてしまったようで、車はスーッと滑って踏み切りの真ん中で止まってしまった。線路を見ると栗鉄が50メートルくらいのところをこちらに向かって警笛を鳴らして走ってくる。親父は、ギアを入れ替え、すばやく脱出して事なきを得た。そのまま、親父の会社に戻ったところ、社員の人たちが表の道路に出て、何か騒いでいた。会社で飼っていた犬が、ちょうど車に轢かれて死んだところだった。親父が言った。「身代わりになってくれたんだな」って。うろ覚えだが、間違いなく事実だと思う。

|

« 一騎が死んだ | トップページ | 一騎の死は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108388/13997350

この記事へのトラックバック一覧です: くりでんと言えば:

« 一騎が死んだ | トップページ | 一騎の死は »